斉藤由貴の会見...アカンけどね...わかる気も。

お弁当タイムのTVで見た会見 斉藤由貴さんに起こったその時の心の動き 言ってしまいますが 正直、羨ましくないですかっ?(>_<) 確かに・・・アカンッやろっ!けど。 とても観たかった映画。 深く感動して涙して、急な階段で「危ない」からと 手を差し出される。 もともと命を預けているような信頼するお医者様から。 作家が物語を書く時には そんな胸キュンの瞬間を書くであろうし 読者はそのくだりを読み 自分にもそんな瞬間が、あったなぁ~と思い返す ほんわかとして気恥ずかしくて温かい想い出 『昼顔』が大ヒットして映画になったぐらい 皆、悲恋が好きでしょ? 妹分なんか機械音痴のくせに必死で録画してたもの。 ただ現実に自分のパートナーが自分以外の相手と そんな胸キュンの時間を持ったとなると・・・ ましてや結婚して家族を持っていたとなると その胸キュン時間の代償として 失うかもしれないモノの大きさ・・・。 相手のお医者様はアメリカ生活が長いから・・・と。 確かに日本人には 「なんじゃっ、ソレっ」と、なかなか理解し難い感覚。 でも、なんとなくわかるんだよね~私。 留学経験までは無いけど 異性とのルームシェアが当たり前の国を 一人旅なんかしてみると 言葉では、うまくは説明できないけれど 好いた・惚れたを越えたハグが間違いなくあるし、 ただ、胸を借りて泣きたい時に一番相応しい相手が側にいないとか ルームメイトが異性で、…

続きを読む