休日。お墓詣りとデジタリックなボケ母と。

お墓詣りに行ってきました。 車を持たない身は遠ぉ~くて 乗り継ぎに継ぐ乗継で一日かかり。 一人でなら、その道中も楽しめて のんびりと小旅行気分も味わえるだろうけど なんせ💣のようなボケ母が いつ、状態になるのかと チャラン、チャンチャァ~ンのサスペンス劇場 運よく大阪モノレールの特等席 50年前からそこにある太陽の塔 霊園が運行する土・日・祝の無料バス発車までの時間に昼食を。 「お母ちゃん、なんか食べる?」 「パン」はい。はい。了解。 千里中央の一等地にあるイートインできるパン屋さん。 値段が安いから、きっと工場でたくさん焼いて ココでは売ってるだけなんだろう。 周りの迷惑顧みず、しょっちゅう口から入れ歯を出す母に ハラハラドキドキなので、柔らかいパンを選び 絶対に「いらない。飲まない」と拒絶するに決まってる 目にも涼やかな蜂蜜レモンジンジャーを。 誓ってもイイ・・・ 必ず、数分後には私の前に置いてある飲み物を奪うハズだ。 ピン、ポ~ン 「いらない・飲まない」の発言は記憶から消し去られて 「飲みたい!」に変わってしまうのだ。 いよいよお墓に到着。 「あれっ、お花は?」と私。 「・・・」無言で父を指さす母。 長年に渡り、それぞれの役割分担ってものがある 朝の内に買っておいた花は線香・蝋燭とともに母の役割だ。 父の担当であるお供えの野菜や果物等は綺麗に洗って 丁寧に冷やした状態でクーラーバックに納まってる。 置き忘…

続きを読む