『骨折り損のくたびれ儲け』の5年間

いつもコメントをくださるcollonさんの まともに昼休憩もとれない勤務状態の中 自分の稼ぎで身の丈にあう旅行が一番楽しい このコメント。この価値観。心から賛同します。 「30歳までに手に職を」と、昔、技術職を目指して入社した会社 グラフィックデザイナー(イケメンが多かったなぁ~)が 手掛けた2次元(平面の紙)イメージを 実際に印刷できる状態にするお手伝い的な技術職でした。 デザイナーから物理的な〆切りがある印刷までの行程では 具合が悪いとか『無理です!』なんて口が裂けても言えない中間的存在。 自身が会得した技術が、その仕事についてゆこうがゆくまいが 手品師まがいの事までしてでも、やり遂げなければならなかった。 今、国会をも動かす事態にまでなった電通の過労死問題 すっごくわかる・・・わかりすぎるぐらいにわかる。 あれから20年経って、すっかりデジタル化になっても あまり変わりはしないのねん。。。不思議。 あの当時の技術職とは『技術は盗むモノ』であって 『盗み見るようにして、覚える』のが当たり前の時代 その代わり、低賃金から高収入へと変革を狙える職でもあったわけで・・・ 面接の時の社長がゆうことにゃ~ 「この仕事をやるうえで独立を目指さない奴はアホやっ!」 と、言った。確かに言った。間違いなくそう言った。 けれど、私の在籍中、先輩方は誰一人独立せず、 4年目突入時のリフレッシュ休暇と30万円を蹴って 私が独立してみたら・・・ …

続きを読む