結末『骨折り損のくたびれ儲け』

おかしいねっ。 独立して挨拶に行った時に 「筋が通らん!」と言った メンズクラグに出てくるようなチョイワル親父系の (マジで出てたかなっ・・・)社長が 「お米の部分は無理でも おかずの部分ぐらいの隙間を残して欲しい」 と、最後の最後まで説得された。 この意味、わかります? 「なにか別の本業に就いても 完全には辞めないで欲しい」 つまり・・・2足のわらじで・・・って意味です。 この説得に至る理由の一旦は 私の嘘とゆ~か 曖昧に誤魔化した廃業の理由にも あったかもしれない。 Windows98が日本で発売になったとゆ~ことは 編集全般に必要なスキルが この小さな機械の中心に納まっていて マッキントッシュの普及スピードとは きっと比べ物にはならない早いスピードで 普及するんじゃないかなっと そうなれば 「グラフィックデザイナーとゆう職だって転換期なんですよ」 なんて、とても言えなかったから・・・。 私一人ぐらい、なんとでもなる。 けど・・・ 一等地に事務所を構えて 多数のデザイナーを雇っている会社こそが 「将来を危惧すべき」 「生き残りをかけて 新たな手段を模索すべきでは?」なんて 占い師とか、霊能者の看板でも挙げていないかぎり 人生の大先輩に向かって 言えるはずもなかった。 それに・・・そんな事は重々、承知のハズだろう とも思ってたしねっ。 結局・・・日進月歩。 私が思っていたスピードよりも早く 変革の波…

続きを読む