『犬に宿題を食べられた』とゆーイイワケ

見え透いた嘘の代名詞 提出すべきタイミングに 「先生、宿題を犬に食べられちゃった」 映画や海外ドラマでよく使われる常套句。 なんで👆こんな話しをするかってぇ~と。 ある日、届いた一枚のFAXのお話し。 送付主については弊害があるのでココでは言えない。 あるテーマを掲げた会合の参加募集のお知らせ その送付主とは、立場と権力(義理)のある人 ・・・であるからしてぇ~ほぼ召集と言ってもイイ して、その開催日はたったの3日後 しかも・・・土曜日・日曜日をはさんだ3日後 非常識! そして、宿題付き 「あるテーマに関する提案事項を最低1例、持参するように」って ・・・・・・唖然 因みに・・・その紙面には 「かねてより推し進めてまいりました件・・・」とか 「〇〇〇テーマのミーティグも、いよいよ大詰め・・・」とか そんな表現はどこにも見当たらない。 まさに寝耳に水の 『聞いてねぇ~よっ』 はて・・・コレはいったいどんなサプライズなのか もしかしてこの書面FAXを送った担当者は このプロジェクトの執行係であるにも関わらず 完全に忘れてたんとちゃうやろかっ? タイムリミット迫る中シレっと通達して 自分はホッとしてるかしらんけどねっ 受け取った方はどうなんの? ○×式の答案用紙ならいざ知らず まるで夏休みの自由研究の提出を求められてようなもんよっ。 『急な話しで・・・とても都合がつきません』 と返事をするべきか 『犬に宿題…

続きを読む