ダイアモンドヘッドと絶品テディーズビガーバーガー

元来、マメに写真を撮るタイプではなくて この眼に映る景色が今、自分にもたらしてくれる 深い感動を残したいと思った映像ほど 後に、なんだかガッカリしてしまうもので・・・。 「ダイヤモンドヘッドにも登ってみたい」と言った親方。 ちょうど今、山頂トレイル修復工事中のために 午前中のみに制限されているし 出発直前までの連日連夜に及ぶ激務のせいで 体力的にも無理な様子・・・ 気が付けばソファーで寝てはるわぁ~(-_-)zzz といった状態だしぃ~ ダイアモンドヘッド全景を臨む場所へと連れ出した そして、今、ワイキキのロコ達で人気のバーガー専門店 テディーズビガーバーガーへ。 何故か、この店にはコーヒーが無い。 あっても、コーヒー味のシェイクのみ・・・ って、、なんか、、高飛車な気もしたりして マグドやモスに慣れている日本人にとって 本格的なハンバーガーのオーダーは難しい 一応、ジャパニーズメニューなるペラペラパウチされた紙には カタカナ日本語の食材の羅列はあったものの 何をどうチョイスすれば今の自分の舌と胃袋に合致するものか・・・ まず、基本のスタイルを知ることが肝心なのに 「なんか、よく、わかりません」でした(*´з`) 「とりあえず・・・」と 食いたいモノを片っ端からオーダーすると 量も金額もえげつないことになってしまうので ここはひとつ、フレンチフライもオニオンリングもすっ飛ばして。 食べ進めるうちに舌と胃袋が受け付けるような…

続きを読む

誘拐と身代金 in Hawaii

変わった誘拐もあるものです。 車体そのものの盗難はよく聞く話し・・・ どこかの港から異国へと売られて行ったり 国内で改造されてまた、売買されたり・・・ 鍵を盗んでおいて 「見つけてあげたんだから謝礼をちょ~だい」とは なんともスマート(?)な犯罪ではありませんか・・・ しかも、その車はハマーのリムジン仕様 さすがにこんな車を盗んだら 大きく稼げるかもしれないけれど、捕まるリスクも大きい アジトへの移動の途中で警察に止められて たちまち重要参考人。 防犯カメラのない場所で 手のひらに収まってしまう小さくて軽い鍵だけを盗んで 後に善意の人を装い「拾った」などと言えばいいだけ。 しかも、要求する謝礼金はたったの100ドル。 事を荒立てず、面倒な事にならずに済むのなら 「払ってしまおう」と思ってしまうかも。 すっかり仲良くなった Hawaiiでツアー会社を営む代表者が見舞われた盗難騒ぎ 詳しく事情を聞いてみると・・・ 日本でゆ~ところの鍵の110番みたいな業者を呼んで 所有者本人であることを証明しているところへ 白人男性が寄ってきて 「これが君のハマーの鍵じゃないか?」と言ったとか。 なんとゆ~タイミングの良さ! まさかっ、鍵屋とグルなんじゃ~ないか?と思ったそうな・・・。 「警察に報告を」と言ったとたんに その白人はサッサと逃げて行ったと・・・。 無事に戻って良かったねっ。 私達の今回のチャーターはバンにて。…

続きを読む

アラ還にして初の現場デビュー

皆さま 「ただいま~」でございます。 それにしては👆変なタイトルでしょっ? 10月16日午後6時40分takeoff便に乗らなきゃいけない のに・・・ 会社で請け負っている仕事の完成のメドが立たず 「もしかして私一人で、Hawaii行きかっ?」と。 正直に言うと・・・ある意味、これって 私の望むところではありますが そうもゆかない 表面上だけでも 「そんなぁ~」「なんとかしなきゃ」を 装う義務もあるわけでぇ~ 14日の土曜日夜から15日の日曜日いっぱい 留守番おばさんであるこの私目も現場デビューしたワケです。 雨の降る中、ビニールカッパをまとい 青色の軽トラックに乗って コーナン⇔現場を何度も往復し、 軽トラックの荷台一杯に現場ゴミを積むのを手伝いました。 後でスマホのヘルスケアをチェックしてみれば 歩数にして12,000歩を軽く超え 登った階段の階数29階分 膝がくがくの状態で迎える出発当日。 それでも・・・現場完成には到達せず 出発間際まで現場で働く親方ともう一人を 空港で一人、到着を待つ私でありました。 結局、残りの2名は タイムリミットである空港バスにも間に合わず スーツケースをコロコロと引きずりながら なんとかTAXIを捕まえてギリギリのチェックイン。 それが功をきたしたのか(もともとキャンセル席でもあり) 三人ともプレミアムエコノミーに格上げ!(^^)! そして、一か八かの挑戦 現地の知人に焼…

続きを読む