偏見...インドとゆう国

趣味と聞かれて 「旅行」と応えられるほど 経験は積んでいない。 幼い頃から貧乏だったし 両親は帰省以外の旅行なぞ 連れて行ってはくれなかったし・・・ 見知らぬ国を宿も決めずに訪れる そんな“旅の仕方”を私に教えてくれた先輩は 選ばれし者で エアインディア就航記念のキャンペーンに 見事、当選して、私を誘った。 私は、タダ=無料なのに・・・断った。 選ばれし者であるその先輩は そこで後藤惠照師と出会ってから 亡くなるまでの長年に渡ってお手伝いをされて 更にはダライラマにも偶然出会うとか 日本来訪の折にはまた、 謁見の抽選に見事に当選したりして チベット難民に洋裁を教えるなど 様々な貢献をされてきた人で スープをすくったスプーンを口へと運ぶ途中で 眠ってしまうようなお茶目な先輩。 なぜか、この先輩はやたらと 私と旅に出たがって 特にインドへはへこたれることなく幾度も誘われた。 その度ごとに私は断ってしまう。 テキトーな言い訳を用意もせずに・・・ 「行ってみたいと思わない」 「心が動かない」 行ったこともない国を 「何故、行きたくないのか」を語ることもできない。 ソレはまさしく偏見以外の何でもないと思う。 以前、日本で流行した映画 『踊るマハラジャ』には付き合ったかなっ。 面白かったけど どこかが気持ち悪かった。 先輩以外のインド通も 「何度、訪れても飽きることがない」と言う。 高校の同級生だった男子も …

続きを読む