貧富の差。ATMにて...

Hawaiiリポをちょいと中断して ものすごく勝手な想像の 対照的な小さな物語・・・ 昨日はちょうど29日。肉の日で月末。 雨が降るなか、タケルへとランチに出かけた。 台風の影響でジトジトとした雨の中 列に並んで順番を待っている間に・・・ たまってしまった通帳記入をしに大手銀行のATMへ。 ATM窓口へ入るなり 「おっ!お金持ちが札束の帯封をココで数冊、解いたのねぇ~」 ザッとみても300万円はあるなっ。 休日に帯封のついた現金をもってATMに来るなんぞ 自宅金庫には常にビッシリとか アタッシュケースでいつも持ち歩いてるとか 羨ましいぃ~ しかし・・・マナーのなっていないことっ。 通帳記入中の機会音を聞きながら 視線を上に移してみれば なんとも対照的な人も・・・ 1,000円の現金を下ろすのに108円の手数料を払い そして・・・残高はたったの3桁 お金に無頓着な若者の よくある月末の光景なのかもしれないけど 深刻な貧乏を経験したアラ還お・ん・な・には この明細書が語る物語への想像が 勝手にどんどん膨らんでゆき ソレと同時にさほど遠くでもない私自身の過去へと ワープさせ、ブルっと身震いしてしまう。 そして肉の日のタケルのランチ Sサイズのステーキ500円 ハンバーグとのセットが1,000円 きっと・・・ 通帳残高たった3ケタの人も このステーキを食べるためにATMに行ったんだろうと 明るく楽しく考えよう。 励み…

続きを読む