矛盾...食事なのか歯なのか。

極度の歯医者恐怖症(心身硬直)も 阪大歯科の先生のお蔭で 少しずつ、良くなって なんとか、根っこの治療も終わった。 次は入れ歯(´▽`) 予期せぬ事態で急遽、キャンセルしたり 担当医の都合で延期になったり 期間が随分と開いてしまって・・・ ようやく型取りまで漕ぎつけたんだけど 下の歯型を取る際に 応急処置のまま放っておいたかぶせが 型にくっ付いて行ってしまった(◎_◎;) 担当医いわく 「この応急処置的なかぶせは?どこで?」 「もちろんココですけど・・・」 私のカルテ、受診記録を遡る担当医。 「・・・随分と前のですねっ、ず~と忙しかったのかなっ?」 「事情がありまして・・・」 先日の私のつぶやき『理想の貧困』の矛盾 健康保険を任意継続していても 当時、阪大まで通う交通費が出せなかった バス+電車+バス、しかも往復 私鉄を利用しても、JRを利用しても¥1,200越え 食事(咀嚼)をするのが困難な場合には 歯科医の元へ出向いて応急処置を。 とりあえず、食事(咀嚼)での支障が軽減されると 食材を買う方を選ばねばならなかったのよ。 このまま順調にゴールへと進めるのかなっ。 阪大の歯科ってのは予約は取れても、 大体が、早くても一ヶ月以上も先。 最近じゃ~、先、3回ぐらいまで予約を押さえるみたいで 12月25日のクリスマス🎄に 2月14日のバレンタインデー🍫だとっ。 まるでデートの約束じゃ~ないの。 そして、まさかのイ…

続きを読む

『夫の年収は一気に180万円も下がり』で感じる理想の貧困

『理想の貧困』 この意味、解ります? 私も最近になって知ったんですけど 貧困を極端なイメージでとらえている人が多いってことらしいです。 大手サラリーマンが定年を迎えるような年齢になって失業した私。 雇用主の経費節約手段(?)によって 受給できた失業保険がまさかの2000円ちょっと。 預金切り崩し生活なのに、ある事で無一文にもなっちゃたし・・・ それでも 携帯電話も新たに契約したし(理由があったけど) ネットが繋がる状態でいるためにプロバイダー契約も継続 民放ギライの私はケーブルTVスカパー!契約もそのまま維持 生命保険も解約しなかった(掛け捨ては解約したけど)。 👆これらの状態で 『ソレのどこが貧困なの!全然、余裕やないのっ』 と、思われること。 ボロボロの服を着て、食うや食わずの状態のイメージのことを 『理想の貧困』と定義づけているような・・・ そんなイメージのために世間が相手にしてくれない。。。ってことらしい。 ここ数年、 実際に私が経験したことでもある。 「ものすごく元気そう」とか 「ホンマにそうなら、そんな風に笑ってられないハズや」 「両親が生きてんだし、飢え死なんかせんわっ」とか 理解して欲しいとも全然、思っていなかったけど。 携帯電話も持たず、TVもつけず、ネット通販等の恩恵にあずからず 職無しの超ヒマ人間は何を考える? 決して良い事は考えないだろし、 親に頼ることは多大な心配をかけて、より老けさせることだ。 …

続きを読む

¥2,990バス旅行は土産代のほうが高くつく?

出発早々、朝市と題した車内販売(?) いわゆる“イチオシ”のお土産優待割引みたいなものかな 無料サンプルとして チーズケーキの味のする薄焼き洋風煎餅(①)をもらった。 集合時間が早いため当然ながら皆、早起き 帰着時間は夕刻の予定... 「それから、お買い物などして夕食を作るのも面倒でしょっ」 ってことでお土産兼、夕食用のお弁当類まで 斡旋販売は確かに安い。 帰路の車中でも黒豆がゴロゴロくっついたサブレ(②)が配られる。 昼食はパンフレット記載に嘘は無く ほぼ、このままなんだけど甘エビはプツンと切れてしまい 尻尾を掴んでチュルチュルと吸うような食い技は無理だった。 しかし・・・こんな薄い色のお茶を久しぶりに見た気がする。 お茶碗を置くだけにした方が・・・ 観光には付き物であるソフトクリーム(実費200円) 最初の一口で「甘っ!」 最後まで食べ切れんのとちゃうやろか・・・っと思っていたのに 食べ進めるうちに段々とサッパリと美味しくなっていった 不思議なワインソフトクリームなのであった。 外は秋の風景、落ち葉がチラホラ そしてワイナリーという場所 これぞ、旅愁の味ではないかっ 最後の行程のお土産物センターでは お米の“片手すくい取り”に焼きガニ煎餅と黒豆茶(③④⑤)でいっぷく。 ノッケから乾物を4種類も買ってしまったけど 日々の生活を健康&豊かにしてくれる大事な食材である。 やっぱり・・・せめて・・・ 父②だけで…

続きを読む