なんでも“もらいたがる”性格は人に盗られると思う性格。

父親の関係各位に絞ったお土産のホノルルクッキー。 一度でもボケ母の眼に触れたら後が大変。 隠しても無駄 買い物袋にモノを入れたり、出したりを繰り返す奇行。 私の買い物袋であろうが、父のであろうが関係ない。 もともと人に差し上げる品として買ったモノであっても 「父(自分の旦那)が、なんでも人にあげてしまう」 と、思ったが最後 「人に盗られてしまう」とゆ~強迫観念に囚われる。 普段のように数秒、数分単位で記憶から去ってゆく事柄と こういった事柄は、まったく別の事であって 執念深く母の記憶に留まって 私に叱られるのを十分に解っていながら グチグチと愚痴をこぼすのだ。 人とのお付き合いの中で たくさんの頂き物を持って帰る父を表現する時 「頂いたら、身の丈にあったお返しを・・・」 ではなく 「なんでも人に振る舞うから、少々、戻ってあたりまえ」 と、頑なまでに譲らない。 父親②からの、数々の頂き物だって 父が お茶を奢ったから 食事をご馳走したから と上から目線のお姫様 だから・・・今回も、お土産の最終目的地到着までは それぞれが時間差の経由便 面倒くさいけれど、先様に会う日の朝に バスを逆行して私の家まで取りに来て、 正しい行き先のバスに乗り直す父なのであります。 大阪のおばちゃん式に手に入れた2個入りのクッキーは 母に見つかった場合の保険でもあったのですよっ。 犬をしつける際の褒美みたいに・・・。 励みになり…

続きを読む