『夫の年収は一気に180万円も下がり』で感じる理想の貧困

『理想の貧困』 この意味、解ります? 私も最近になって知ったんですけど 貧困を極端なイメージでとらえている人が多いってことらしいです。 大手サラリーマンが定年を迎えるような年齢になって失業した私。 雇用主の経費節約手段(?)によって 受給できた失業保険がまさかの2000円ちょっと。 預金切り崩し生活なのに、ある事で無一文にもなっちゃたし・・・ それでも 携帯電話も新たに契約したし(理由があったけど) ネットが繋がる状態でいるためにプロバイダー契約も継続 民放ギライの私はケーブルTVスカパー!契約もそのまま維持 生命保険も解約しなかった(掛け捨ては解約したけど)。 👆これらの状態で 『ソレのどこが貧困なの!全然、余裕やないのっ』 と、思われること。 ボロボロの服を着て、食うや食わずの状態のイメージのことを 『理想の貧困』と定義づけているような・・・ そんなイメージのために世間が相手にしてくれない。。。ってことらしい。 ここ数年、 実際に私が経験したことでもある。 「ものすごく元気そう」とか 「ホンマにそうなら、そんな風に笑ってられないハズや」 「両親が生きてんだし、飢え死なんかせんわっ」とか 理解して欲しいとも全然、思っていなかったけど。 携帯電話も持たず、TVもつけず、ネット通販等の恩恵にあずからず 職無しの超ヒマ人間は何を考える? 決して良い事は考えないだろし、 親に頼ることは多大な心配をかけて、より老けさせることだ。 …

続きを読む