手袋とニット帽に供養の術はないのか

うぅ~、寒くなったよねぇ~ 今日は少し、マシかなっ。 かれこれ20数年は使ったであろう手袋とニット帽に サヨナラした。 その昔、年の瀬の黒門市場で 毛糸編み3点で1000円ポッキリの出店 指の部分の無い、手の甲だけをスッポリと包むタイプの 真っ黒な手袋と ワイン色のゆったりとした帽子に 極太の糸をザックリと編み込んだ真っ白で小さめの帽子 その頃はそれなりの安定した収入があったし 冬のコートそれぞれに似合う高級な手袋も帽子も いくつか持っていたのに 結局、普段使いもお出かけも、雪が積もる旅先へも その、名付けて黒門市場セット。 交通事故で頭を強打した私は 寝返りを打つと中の脳みそが動く感覚・・・ 解りやすく言うと・・・ 泳いだあと耳の中に水が入って その水が動く度に耳の奥で音がするでしょ? あの感覚に似てるかな、、 その水が脳みそで 大きな塊りが、ゆるくズレてゆく感覚。 退院して、その感覚も治まってからも 白髪染めもせず、勤務中も、つまり寝る時以外は そのワイン色のニット帽をず~と被っていた。 毛糸編み特有の凹凸もすっかり無くなって ビロ~ン、ビロ~ンに伸びてしまって 情けない姿になってもなかなか捨てられず・・・ 「よしっ!」と、捨てる決心がついても ゴミ袋にポンっと入れる、その行動が とても薄情な行為に感じてしまう 針供養のように白い豆腐に差すとか 人形を供養するようなお寺があるわけでもなし 心の落ちどころ…

続きを読む