ゆず茶の美味しい季節

日常の中にも究極の選択ってものがある。 コーヒーをやめられない私は 大好きなゆず茶の諦め生活。 出かけた先で父にねだって買ってもらったひと瓶を 大事にケチケチと・・・。 お蔭で、酸化しちゃってすっかり茶褐色。 風味は落ちてしまうけれど腐ってしまったワケではなくて 身体に害があるわけじゃ~ない。 給料日らしいことの欲しいものが 売れ残りの激安商品のため、時に2000円のあわせ買い対象 って時がある・・・そんな時に買ったお上品な国産品 「香り華やかに味まろやかに」とかなんとか・・・ ハッキリ言って失敗! 私の恋しいゆず茶に非ず・・・ フルーツソースゆずと言ったほうが正解で チェクしたレビュー評価(口コミ)の 「サラサラしている」はシャボシャボの液体という意味だった。 プレーンヨーグルトなどには使いやすいけど。 んで、今度は月曜日のコノミヤで母にねだって買ってもらった 500円以下の・・・ 甘~すぎる! 何と言ってもやっぱり、昔々にショッ〇チャンネルで出会った ジーエムピー 韓国高興産 柚子茶が一番おいしい! でも、これが一人暮らしには向いていない1kg入りで しかも、¥1,700もする(´▽`)。 その昔は勤務先に持ってゆき 皆に振る舞っていたから黄金色のまま飲みきる事もできたけど 今の・・・留守番事務おばはんじゃ~ 振る舞う人も無し。 励みになります。 ポチっと応援をいただけたら嬉しいです。

続きを読む

警察手帳とこぼれ話し

いつもコメントを寄せてくださるcollonさんが 残念がった刑事の警察手帳の提示のやり方 たしかに・・・民放の刑事ドラマのように 相手の、、この場合は、、私の眼の高さに 黒い表紙に金色の警察紋の手帳を付き出す な~んてことはなかったなっ。 まぁ、もともとアポがあったしねっ。 刑事さんの左の腰の辺りでパカっと盾開きで 上には身分証明書らしきもの 下には立体的な警察バッチ 海外ドラマで警官が示すのとクリソツなヤツで そうそう、たしか・・・ バッチホルダーってやつ? そして本来の目的の必要書類とは 藁半紙みたいな一枚だけで (学生の頃の中間・期末試験の答案用紙みたいな・・・) 住所・氏名・印鑑を2ヶ所 私が貰える控えがあるわけでもなんでもない。 「写真を撮っても?」と尋ねたら 「週間新潮やら文春やらに載せられるようになった昨今は  規則で禁じられるようになった」ですと。。 笑える(´▽`) 提出した書類一式を破棄処分するにあたり、 後任として一応、全部に目を通したらしく 「なぜ、こんな事件にもならん被害届を?」と尋ねられた。 私は代表と共に警察署に赴いて 「何をどの様にすればいいのか?」の指針を仰ぎ その指示通りにしただけだ。 私は正義の鉄槌のつもりで一生懸命に証拠集めをしたけれど 代表者は『お金を取り戻したい』の、その一心だったんだねっ。 したら、今回の刑事さんがゆ~ことにゃ~ 「国交省と警察との共同で捜査するような…

続きを読む

して、あっけない結末(続々 警察から着信)

彼らの着服を暴くのは簡単だった。 取引のある販社から届く月締め請求書の中の文字と数字 いつ、どの製品が何処へと納品されたのかを見れば どのような工事がどれくらいの規模で また、どの辺りの場所で行われているかは一目瞭然。 つまり・・・ただの事務おばさんこそが 定例的に熟すファイリングと 日々、清算する現金必要経費のレシートだけで 「ドヤツが何をしでかしておるのか」を予測できる立場にあって 完了したハズの工事が眩い請求書に化けたか否かをも 確認できるっ!鳥瞰図を持っているってことだ。 駐車場のレシートなんてバレバレなんよ~。 だから、すぐにサボる小者が 「〇〇〇を訪問して、そのまま帰ります」などの嘘は 後日に清算した駐車場のレシートをみれば歴然で レシートが示す場所が訪問先と符合するのか 入庫時間と退庫時間をみれば嘘はバレバレ。 けれども、それをどうこう言う立場でもなかったし 陰口・告げ口などは性分に合わないし なのに、なのに、会社は 火の車で給与遅滞が慢性化しているというのに・・・ 締め日までにキチンと請求書発行に漕ぎつけない社員が 早い時間の直帰を繰り返せば 「経理の立場から怒らにゃならん!」でしょ?違う? そして背信・着服の元社員の不正を暴く命(めい)を 受けた後は月別のファイリングを引っ張り出し 領収書貼り貼りのスクラップブックを引っ張り出し、 (清算した全てのレシート類に小印と名前を入れていたから) 早い!早い! …

続きを読む