靴下を贈る...これしか思いつかない

時代が変わり、郵便局局員が町中に年賀状を売りに駆り出されたリ 普段、愛想もくそも無い配達員がノルマを課せられて 柄にも無い愛想笑いで売りつけようとしたりの昨今の歳の瀬。 『お世話になったあの方へ・・・』のお歳暮シーズン 家族のある人達は もやは義務となっているクリスマスプレゼント・・・ パートナー無し、子無しの私でも 感謝のしるしを贈りたい人がいる。 今年もやっぱり靴下 ビジネス用以外の高級な靴下が 一般的に出回るようになって良かったなぁ~と思う。 感謝の言葉をココに書いて・・・ 言わずもがなの父② 時々外食に連れ出してくれる妹分の親代わり 父の飲み仲間を統率する幹事さん 失礼にあたるような表現はしたくないけれど 孤独なご高齢紳士(悲しき現実) 何を手に入れようと遺す家族のいない人が二人。 場所を取らない小さな靴下でも温かくその足を包み その足がまた何かに出会える外へと連れ出して 時々は一緒にお茶をしたり、ご飯を食べたり・・・ 今年もお世話になりました。 来年も元気な足でこの世界を歩きましょうねっ。 ホームに入る決心後 部屋に最小限のモノしか置かなくなった父②に Nissen超割で入手できたモノはビジネスバック これから、きっと・・・ 山のような書類と向き合う時期がやってくるはずだ 役に立てるといいんだけどなっ。 励みになります。 ポチっと応援をいただけたら嬉しいです。

続きを読む