警察手帳とこぼれ話し

いつもコメントを寄せてくださるcollonさんが 残念がった刑事の警察手帳の提示のやり方 たしかに・・・民放の刑事ドラマのように 相手の、、この場合は、、私の眼の高さに 黒い表紙に金色の警察紋の手帳を付き出す な~んてことはなかったなっ。 まぁ、もともとアポがあったしねっ。 刑事さんの左の腰の辺りでパカっと盾開きで 上には身分証明書らしきもの 下には立体的な警察バッチ 海外ドラマで警官が示すのとクリソツなヤツで そうそう、たしか・・・ バッチホルダーってやつ? そして本来の目的の必要書類とは 藁半紙みたいな一枚だけで (学生の頃の中間・期末試験の答案用紙みたいな・・・) 住所・氏名・印鑑を2ヶ所 私が貰える控えがあるわけでもなんでもない。 「写真を撮っても?」と尋ねたら 「週間新潮やら文春やらに載せられるようになった昨今は  規則で禁じられるようになった」ですと。。 笑える(´▽`) 提出した書類一式を破棄処分するにあたり、 後任として一応、全部に目を通したらしく 「なぜ、こんな事件にもならん被害届を?」と尋ねられた。 私は代表と共に警察署に赴いて 「何をどの様にすればいいのか?」の指針を仰ぎ その指示通りにしただけだ。 私は正義の鉄槌のつもりで一生懸命に証拠集めをしたけれど 代表者は『お金を取り戻したい』の、その一心だったんだねっ。 したら、今回の刑事さんがゆ~ことにゃ~ 「国交省と警察との共同で捜査するような…

続きを読む