妹が一粒の涙で語るそのひとこと

いつだって私を見捨てずにコメントをくださるcollonさんへの・・・ 昨日の私の返信について書こうかなっ。 妹が今でも一粒の涙で語る私が言ったそのひとこととは 実はコレが・・・今、笑える。 妹にも仕事を掛け持ちをしていても 財布の中にコインが少し って、そんな時代があったのねっ。 当時は仲良くしていたわけでもなく そんな事情も知らなかった。 だってねっ。 私の弟の親友のお嫁さんだった人だもん(遠い)・・・。 しかも離婚して何処に住んでいるのかも不明だったし。 けど、ある事で私自身がちょいと助けが必要だった時に 彼女の顔を思い出したと同時に 何故かふと、気になった私は 思い切って連絡を取ることに・・・ 泣き言なんて言わないし、いつだってヘラヘラ笑っているために 同情はおろか反感まで買ってしまう そんな女性なのよ。これが・・・。 『人の不幸は蜜の味』ってよく言うけど 不幸に見舞われたなら 「大人しくシュンってしてろっ」 「そうでないと・・・やりにくいわっ」 「なんやぁ~、全然、こたえてないんと違う?」 みたいな・・・風潮。 終いには「なんや、おもんなぁ~(面白くない)」 お涙頂戴を上手に演じて同情を買えばうまくいくのかもねっ どうやって連絡を取ったのか記憶にも無いんだけど (当時は携帯電話なんてなかった) 頼み事を快く引き受けてくれたら ご飯ぐらい食べさせんとアカンでしょっ。 当たり前やんねぇ~。そんなことは。 …

続きを読む

元の木阿弥...預金残高と財布事情

給料日が月末。 朝イチならイイけど時間は未定。 しかも、今どき銀行のサービス用封筒の手渡し現金。 (なんせ、、三ちゃん稼業だから・・・) して、住んでいる賃貸の家賃振込の期日も月末。 あの・・・貧乏のどん底から必死の遣り繰り どうにかこうにか 家賃の一ヶ月分ぐらいを残高として留めること成功してからは 当日のあたふたから解放されて・・・ 毎月、わずかな金額だけど給料日らしいこともしてきた。 のに・・・また元の木阿弥に・・・ 年越し・新年の贅沢 意識になかったPC関連の防御対策やらデーター管理費用やら・・・ 今は定期的にちゃんと歯医者にも通っているし (👆食べるモノを買えないのに歯の治療は本末転倒の頃) なにより少しずつ進めているキッチン~リビング模様替えのための 衝動買い的な・・・ だだ、あの頃とは確実に違う心模様。 スーパーをハシゴしながらテクテク歩きの勤務帰り 黄色赤色シールに喜々したかと思えば、 侘しさに襲われて泣きの帰り道に差し掛かる頃にはまた、涙。 今、泣いていない。 1LDKの賃貸、我が城でなにかしらをチマチマする時間が 現実逃避なのかもしれない、、けれど。。。 なんとかなる、また、自身でちゃんとするだろう みたいな・・・(ホンマかいなっ) 数ヶ月ではまだ取り戻せない預金残高。 ソレもわかってる。 でも、これでいいのか?財布事情。 気持ちや心の晴れ模様を お金で買うしかない時が・・・ある? でしょっ…

続きを読む

うっ...セルフサービスの難解さ...写真屋

このあいだ 年寄り(両親)にとってはセルフサービスほど難しくて 「自分が食いたいと思う饂飩にさえも辿り着けない」と ココで書いたけど つくづく、そう思ったのは町の写真屋さん 例の友達やめたヤツにプレゼントする写真を現像するために・・・ 昔なら カメラ本体から抜き取ったフィルムを カウンター越しにポンっと置くだけで 「現像ですねっ。全部サービス版でよろしいですか?」 慣れた手つきで縦長の封筒に添付された伝票に スラスラと必用事項が書かれた控えをもらうだけ、、だった。 昔と変わらない門構えとはウラハラに そのオーダーシステムはガラリと変わってしまって 入口付近に置いてある機会=端末を使ってのオーダー。 コンビニの入り口付近などに置いてある チケットを受け取ったりするような・・・そんな感じのやつですわ。 ファミリーマートならFamiポート、ローソンならLoppi(ロッピー)とかってやつ その機会に向かって まずアプリをダウンロードします 次にWi-Fiを使ってスマホにある写真のデーターを飛ばします そこから現像したい写真を選んで・・・ 👆 これ以上でも、これ以下でも説明の仕様の無い簡単なこと にもかかわらず・・・ アラ還おんなってのはマゴマゴするぅ~ この年齢の大抵の方には子供がいて、孫がいて、 スマホが持つ無限大とも思える便利さを教授してくれるだろう このあいだ聞いたばっかりやのに・・・忘れてしまった なんてことでも、それなりに…

続きを読む