友達やめたヤツの誕生日がきてしまう

「もう友達やめる!」と決めたヤツの誕生日がくる http://corallehua.seesaa.net/article/453238279.html?1516173859 それが私の頭を悩ませていて・・・ カチンっとくる一言に 思わず口をついて出た私の一言が ヤツの中になんらかの変化をもたらしたのか 一ヶ月と二日遅れで私の元に ひとことメッセージ&誕生日プレゼントが届いたから・・・ http://corallehua.seesaa.net/article/453335362.html?1516173926 ヤツのプライドが傷ついたための策であったのか これからも私と友達を続けようとした行動だったのか 私には解らん・・・ だから義理的なお返しとして慣例にならう? そんなのは私の流儀に反する 心に無いものを在るように見せるのが大キライだ ならば・・・ 長年ヤツに対し、私の心に在ったモノとは? 愛が足りない可哀想なヤツ(大きなお世話やけど・・・) 悩んで悩んだ末に買ったモノは フォトスタンドが2点 「おサレー」と思ったけど、、遺影みたいになるかなもっ(;´∀`) まったく別の事で撮影した写真の中に映りこんだヤツが 思いのほか、良い表情をしていたことに私は驚き! 削除をせずに取って置いたスマホの中の一枚。 これを町の写真さんに持って行って現像することに・・・ んで、なんで2点も買ったのかって? 誰に対しても無関心でいることが …

続きを読む

血湧き肉躍るはダンシングヒーローよりも古い

大阪府立登美丘高校のダンス部が 「第10回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」の決勝で魅せた 30年も前の荻野目洋子のヒット曲ダンシングヒーロー 1985年アンジー・ゴールドの自作曲『Eat You Up』の日本語カバー。 この曲がリアルタイムで流行った時には私・・・ 既にDISCO(今はクラブとゆ~そうな)を卒業していた年齢だす。 お肌の曲がり角と同時期に翌日の勤務がキツくてヘロヘロ~ 週末の押し合い圧し合いのフロアーは嫌いだし ナンパとか酔っ払いは、もっと嫌だったし 平日の夜(安いうえに、それほど混んではいないフロアー)に繰り出して 帰りは、TAXIで(梅田東通り→十三)友達の店舗付き住宅の2階で仮眠 また、勤務に間に合う電車に乗って出勤。 だから 荻野目ちゃんの『ダンシングヒーロー』が そんな時代の想い出の曲とは言えないんだけど なんか・・・自然に反応してしまう。 ディスコデビューは高校生の時。 特にハマッたという訳でも無くただの付き合い。 二十歳のHawaiiでハマってしまったのかなぁ~ マイケルジャクソンのせいでしょうか・・・ねぇ~。 まだマイケルが団子鼻の時の・・・ マイケル自身で初めて作詞作曲を手掛けた 『Don't Stop 'Til You Get Enough』の発売が7月で 私の初Hawaiiが9月(だったかなぁ~) どのクラブでも、この曲が皆を引っ張っていて ワンヤワンヤの盛り上がり…

続きを読む

笑ろたらアカンとこで笑ろてまう?

かつて欽ちゃんファミリーの一員で コニタンと親しまれていた小西博之さんが 『癌を克服し見事、復活』とかって話しー 民放を観ない私は全然、知らない そして昨日の芸能ニュース記事 医師からの余命宣告0(ゼロ)状態を救ったのは 150mlのビール缶 👆こんなタイトルに釣られ 予防策ではなく 既に厳しい闘病中の癌患者にとって新たな発見かっ?と・・・ 話の冒頭から 文字の深刻さとはウラハラに 吹き出してしてしまって・・・ 弁当箱の大きさに匹敵するほどの癌の存在と この状態で生きていることこそが奇跡という医者の言葉。 「ステージは?」と聞くコニタンにその医師は 「即死」ですと。 ブホッで、、大笑い(>_<) おそらく・・・私の態度は不謹慎。 闘っても、闘っても、なかなか勝たせてはくれない癌。 今の風潮の『癌を受け入れて共に生きる』 その中で、とても重要な医師の役割 コニタンに対応したそのお医者様のセリフに、つい・・・。 そして、15年以上前の祖母のお葬式 高齢で亡くなったことと、 喪主である父には社会的地位も無かったから 狭い会場を借りて、ほとんど身内だけのしめやかなお葬式。 しかしながら・・・ 葬式のメーンイベントとも言えるお坊様の位とお布施を 父は張り込んだんだか、否か ものすごく立派な衣装(袈裟?て~の?)のお坊様と助手の登場で 私は『ドリフ大爆笑』で志村けんが演じるお坊さまを連想してしまい つい「志…

続きを読む