おひとりさまの醍醐味は一人焼肉ですとっ?

今じゃ~おひとりさま専用Walkerとか ひとりぼっちで楽しむためのガイドブックまで刊行されてる。 自慢じゃ~ないけど 世間に周知されていなくて 「変わってる」と変人扱いされる時代から 仲間とツルむコトと同じ割合でやってきた。 現在の『おひとりさま』は恵まれている すごくハードルの低い 簡単でお手軽な挑戦・・・だ。 スマホを一台、お供に連れて歩けば 目的を見失うことなく辿り着ける 「景色の良い場所は?」「何を食べよう?」「何を買おう?」 頭に浮かぶ様々なコトを全て 相棒のスマホと相談しているのが実情じゃないかな。 そしてまた 世界のどの国と比較しても 日本人が言葉の通じる日本で 『おひとりさま』を楽しめる国はないのではないかと思う。 とは言え・・・ 女性おひとりさまの飲食店経験は まだまだファーストフードとか、カフェとかがほとんどみたいで 一人焼肉なんかはハードルが高いとか・・・。 私が花も恥じらうような(?)若かりし頃に 一人で行く価値のある飲食店といえば・・・ スパゲティーの味に定評のある専門店 あるいはイタ飯屋さんだった。 スパゲティーは短命だっ。 しかも、茹で上がった瞬間から死期が迫っていると言ってイイ。 だから 大勢で店に押しかけて各々が異なるオーダーをしてしまうと 茹で上がりは同じであるに オーダー分の種類別に調理を施すことになってしまう。 結果 美味しいのに、なぜか美味しくないのであ~る…

続きを読む

署名する!でも、どうすんの?やりかたが...

スマホやタブレットを操作して 今どきの・・・なんだぁ~かんだぁ~する事が チンプンカンプン(◎_◎;)で・・・ フェイスブックなんて 毎日のように「新しいお知らせが〇〇件あります」と メッセージが届き 知り合いかも:△△,□□,◇◇と外国人の名前ばかりの羅列 「そんなヤツ、知らんてぇ~」と無視。無視。無視。 そんな中 樹海で自殺したとみられる男性を撮影し 不謹慎な動画をアップしたアメリカのユーチューバー 寄せられた多くの批判に対し、謝罪をしたその後も 日本の観光地において「礼儀を重んじる」をチャラけまくって ますますエスカレートする悪ふざけに ド頭にきた私( `ー´)ノは YouTubeチャンネル削除求める署名 に「参加する!」と思ったものの すんなりとページに辿り着くことが・・・(*´з`) ユーチューバーの人気度とか、FBのフォロワーの多さとか 競い合って、手応えを感じて、高額な収入へと繋がるうちに 前人未踏みたいな画像を手に入れたがる? もんなんだろうけど・・・ 世界で再生される回数の数字だけで鼻高々になって 人として肝心な事を忘れてる。 一方で 消防士さんが制服のままうどんを食べに来たとか 救命士が自販機で飲み物を買って飲んでいるとかを 「コレってどうなんですか(倫理的に)?」と問い合わせる人達 「いっぺん、自身でじっくり考えてみろやっ!」と 私は思ったりしたけれど 結果的に 大勢の人達からのコメントによって理解…

続きを読む

母なう。

ようやく髪を切りました。 20㎝も。 胸の辺りまであった髪は今、お菊人形のようです。 母から「髪を切れ」と カセットテープのオートリバースのごとく 顔を見る度にそしてまた数分間隔で言われ続けて・・・ 美容室から戻ってすぐに 自信満々のドヤ顔をしてみせたら 「まだ髪を切ってへんのっ!」だとっ。 (゜.゜)こりゃ想定外!( ̄▽ ̄) 「なっ、なっ、なんでぇ~?見てよ。ホラッ」と しつこいまでに迫り髪も触らせたのに? 納得がいかない様子の母・・・。 やっぱり・・・理屈とかそんなの関係ないのねん。 状況判断とか、それによる選択肢とか、 望む結末へのより良き努力の結果とか・・・ まるっとさくっと関係ねぇ~ 母の頭の中で 「娘に髪を切らせる」 「娘の外出着をクリーニングに出さねばならぬ」 (・・・今のところはこの2点) そんな考えばかりが乾燥機の中の洗濯物みたいに 永遠にグルグルと回り続けているだけなのだろう。 もうひとつ 節約のために(母が奢ってくれるとしても) 「ドライクリーニングに依頼するような洋服は着ないから」も また堂々巡り。 説得にも疲れたし、ある意味の『お年玉』替わり 夏のサブリナパンツを一着、差し出したらば上機嫌 喜んでもらえて私も嬉しいですわ(*'ω'*) 励みになります。 ポチっと応援をいただけたら嬉しいです。

続きを読む