父の誕生日の一泊旅行を中止にした現実

7日(日曜日)は父の誕生日だった。 毎日通うスポーツクラブの友人と二人で 気の向くままの1泊旅行計画を聞いていたので 「おめでとう」の連絡も入れずに、、 この連休は正月疲れを癒すべく(?)家でゴロゴロしてた。 ら・・・ 結局、父とその友人の計画はポシャってしまったとか。 なんでぇ~? 当日の朝から実家のエアコンが作動しなくなり 炊飯器まで壊れてしまったとか そんな理由が楽しみにしている旅行の妨げになるのか?と 人は思うだろう この私だって「はっ?そんなコトでぇ~」と思ったもん 暖房も入らない寒い部屋、白いご飯の用意も出来なかった そんな状態では 母を独り残して出かけられないと言った父。 ・・・・・ そっかっ、そうだよねっ。 母が独り残る家で火を使うような事があってはイケないってこと。 私は解っているつもりでも気づくのが遅いねっ。 折しも連休だったから母を私が預かるとゆ~手段があったのに・・・ 父はその事を私に告げずに電気屋さんに行って 新しいエアコンを買い求め、翌日には取付工事。 母は新しいエアコンのために支払った金額にブツブツ(´▽`*) 自分達の寿命=平均余命から計算して 「あと何年使用するか解らんのに・・・」と う~ん、、考えるとこはそこと違うのに・・・ お金がモッタイナイと瞬時に理解できるのに 炊飯器からご飯をよそう事ができても その後、炊飯器の蓋を閉めることに考えがおよばず 電気ポットも然りで水を補給…

続きを読む