母なう。

ようやく髪を切りました。 20㎝も。 胸の辺りまであった髪は今、お菊人形のようです。 母から「髪を切れ」と カセットテープのオートリバースのごとく 顔を見る度にそしてまた数分間隔で言われ続けて・・・ 美容室から戻ってすぐに 自信満々のドヤ顔をしてみせたら 「まだ髪を切ってへんのっ!」だとっ。 (゜.゜)こりゃ想定外!( ̄▽ ̄) 「なっ、なっ、なんでぇ~?見てよ。ホラッ」と しつこいまでに迫り髪も触らせたのに? 納得がいかない様子の母・・・。 やっぱり・・・理屈とかそんなの関係ないのねん。 状況判断とか、それによる選択肢とか、 望む結末へのより良き努力の結果とか・・・ まるっとさくっと関係ねぇ~ 母の頭の中で 「娘に髪を切らせる」 「娘の外出着をクリーニングに出さねばならぬ」 (・・・今のところはこの2点) そんな考えばかりが乾燥機の中の洗濯物みたいに 永遠にグルグルと回り続けているだけなのだろう。 もうひとつ 節約のために(母が奢ってくれるとしても) 「ドライクリーニングに依頼するような洋服は着ないから」も また堂々巡り。 説得にも疲れたし、ある意味の『お年玉』替わり 夏のサブリナパンツを一着、差し出したらば上機嫌 喜んでもらえて私も嬉しいですわ(*'ω'*) 励みになります。 ポチっと応援をいただけたら嬉しいです。

続きを読む