血湧き肉躍るはダンシングヒーローよりも古い

大阪府立登美丘高校のダンス部が 「第10回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」の決勝で魅せた 30年も前の荻野目洋子のヒット曲ダンシングヒーロー 1985年アンジー・ゴールドの自作曲『Eat You Up』の日本語カバー。 この曲がリアルタイムで流行った時には私・・・ 既にDISCO(今はクラブとゆ~そうな)を卒業していた年齢だす。 お肌の曲がり角と同時期に翌日の勤務がキツくてヘロヘロ~ 週末の押し合い圧し合いのフロアーは嫌いだし ナンパとか酔っ払いは、もっと嫌だったし 平日の夜(安いうえに、それほど混んではいないフロアー)に繰り出して 帰りは、TAXIで(梅田東通り→十三)友達の店舗付き住宅の2階で仮眠 また、勤務に間に合う電車に乗って出勤。 だから 荻野目ちゃんの『ダンシングヒーロー』が そんな時代の想い出の曲とは言えないんだけど なんか・・・自然に反応してしまう。 ディスコデビューは高校生の時。 特にハマッたという訳でも無くただの付き合い。 二十歳のHawaiiでハマってしまったのかなぁ~ マイケルジャクソンのせいでしょうか・・・ねぇ~。 まだマイケルが団子鼻の時の・・・ マイケル自身で初めて作詞作曲を手掛けた 『Don't Stop 'Til You Get Enough』の発売が7月で 私の初Hawaiiが9月(だったかなぁ~) どのクラブでも、この曲が皆を引っ張っていて ワンヤワンヤの盛り上がり…

続きを読む