妹が一粒の涙で語るそのひとこと

いつだって私を見捨てずにコメントをくださるcollonさんへの・・・ 昨日の私の返信について書こうかなっ。 妹が今でも一粒の涙で語る私が言ったそのひとこととは 実はコレが・・・今、笑える。 妹にも仕事を掛け持ちをしていても 財布の中にコインが少し って、そんな時代があったのねっ。 当時は仲良くしていたわけでもなく そんな事情も知らなかった。 だってねっ。 私の弟の親友のお嫁さんだった人だもん(遠い)・・・。 しかも離婚して何処に住んでいるのかも不明だったし。 けど、ある事で私自身がちょいと助けが必要だった時に 彼女の顔を思い出したと同時に 何故かふと、気になった私は 思い切って連絡を取ることに・・・ 泣き言なんて言わないし、いつだってヘラヘラ笑っているために 同情はおろか反感まで買ってしまう そんな女性なのよ。これが・・・。 『人の不幸は蜜の味』ってよく言うけど 不幸に見舞われたなら 「大人しくシュンってしてろっ」 「そうでないと・・・やりにくいわっ」 「なんやぁ~、全然、こたえてないんと違う?」 みたいな・・・風潮。 終いには「なんや、おもんなぁ~(面白くない)」 お涙頂戴を上手に演じて同情を買えばうまくいくのかもねっ どうやって連絡を取ったのか記憶にも無いんだけど (当時は携帯電話なんてなかった) 頼み事を快く引き受けてくれたら ご飯ぐらい食べさせんとアカンでしょっ。 当たり前やんねぇ~。そんなことは。 …

続きを読む