罪無きクレーマーお婆ちゃん...に母をみる。

出勤の際にいつも乗る超ローカルな巡回バス。 昨日の朝、いつものように遅れて到着したバスは バス停を少しばかりオーバーラン。 👀「えっえ~、まさか私、乗客として見過ごされたぁ~」と アセっ💧たけど、違う。 劣悪な道路事情を考慮して (ガードレールや自転車を飛ばす人達が多い) 降車客を安全な位置で降ろすための 運転手さんの優しい心遣いだ。 して、二つ先のバス停から 声だけがやたらと元気なおばぁちゃんが 「はいっ。はいっ。はぁ~い」と大きな声を掛けながら (たぶん・・・自分自身にかけ声?) 手摺にしがみついてえっちらおっちらとステップを登り 座席に着いた途端 「〇〇時〇〇分にバスが行きよったでぇ~」と。 なんのこっちゃ?と運転手さんと私。 しばらくのあいだ耳を傾けて聞いていると 二週間も前のこと、〇〇分定刻のはずのバスが〇〇分に通り過ぎて 間に合わずに乗れなかったと文句を言い続けている。 その運転手さんは 「道路事情により遅れてしまうのはご了承ください」 と丁寧に謝っていても 「遅れんのはエエけど、はよ(早)行ったらアカン」と、 「偉いさんにゆーといてー」と。 それは勘違いなんだよ。 巡回バスだからねっ たった一台で始点~終点、また始点へとグルグル廻るからねっ。 遅れた時間を順番に重ねて背負ってるのっ。 終点での予め想定されている調整時間だけでは間に合わず (焼け石に水の借金みたいに・・・) おばあちゃんが乗り損なったのは周回…

続きを読む