救急車からの着電...まっ、まっ、マジっすかっ。

『毛糸パンツじゃ~、救急車に乗れないわっ』 とかなんとか さんざん救急車を連呼!した記事をアップした その約1時間後 着電を示すスマホ画面は親父 駄菓子菓ぁ~子 声が違う、まったくの別人の声 コレって父に、或いは父の携帯に何かが起こったことを示す? でしょっ? 扇町のバス停付近で 父が転んで怪我を負い、現在、救急車で搬送中とのこと。 意識はハッキリしているが 顔面を怪我し、頭を打っているので 緊急処置&検査が必要で 現在受け入れ病院を探しているとのこと。 直観的に(上手く言えないけど) 命に別状はないだろうと思ったんだよねっ。 まずは母親の居る実家に連絡を。 これが、何度、電話しても母は出ない。 むしろ、、コッチの方が心配で。。。パニくった。 結局、2時間も経過して覚醒タイムに入ったのか否か やっと電話に出た母は 「何処へも出かけずにず~と家に居た」とゆーし この事態も呑み込めていない様子だし(~_~;) まぁ、いいわっ。生きてたら・・・って感じ。 救急隊員からの連絡で搬送先が決定し 親方に連絡を入れ、弟にLINEして 簡単に事務所内を片付けて タクシーにも乗らず徒歩&阪急電車で 淀川キリスト病院へ。 受付で父の所在を確認し 緊急処置室に到着した時には父はCTスキャン中。 待合にはずーと付き添ってくれた父と顔見知りの男性が。 挨拶を交わして状況を聞いてみると その中谷氏はとても言いにくそうに・・・ あ…

続きを読む