ブツの渡し方...母娘編(ボケ母&薄情娘)

父親が大怪我を負ってからのこの一週間 毎日のように『あぁ~アレが有ればなぁ~』と 恋焦がれるモノがあって出勤した私の机の上 うそぉ~ぉ~ん。 ちょっと違うかっ。ホーロー製ボウルだった。 弁当仲間が綺麗に洗って返してくれる弁当箱と一緒ってことは・・・ 未使用の新品だけど買ったモノでもなさそうな・・・ いやねっ。この一週間 ボケて何もしない母のせいで ほぼ、何もかもをしなくてはいけない父があのザマでしょっ。 こちとらも働く身、実家でおさんどんとか 無りぃ~。勘弁してぇ~。 あの母と長時間過ごすのは墓参りに限定いたしとうございます。 んでも、せめて、なにかしらの料理は作らんと。。。 して、安静を強いられている父に「取りに来てぇ~」とも言えないし。 駄菓子菓子、 母親に「〇〇〇をあげる」と言えば 瞬く間に覚醒して一目散に取りに来る。 そして道も間違えない。迷子にもならない不思議。 ある種の取柄みたいなもので・・・ 再び、駄菓子菓子 母は何度教えても、チャイムのボタンを覚えられず インターフォンのカメラレンズを押しまくって 私は母の到着にまったく気づく事ができない するって~と、母はすぐにキレてドアレバーに 怒りの丈をぶちまける、、、ってなことに。。。 なので、、👆を回避してスムーズにブツを渡すためには 玄関のドアレバーに“お持たせ料理”を 吊るしておくんですねぇ~。 休みの日で私が在宅中の時でも♪~(´ε` ) んで、実家には私の…

続きを読む