どんな言葉も陳腐に聞こえてしまう氷上の羽生選手

男子フィギアスケートの金・銀メダルに 日本中が盛り上がってる?!んだろう。 羽生結弦選手 宇野昌磨選手 ただ、彼らの演技 氷上での二人の姿を見たいだけの私。 2006年トリノオリンピックで金メダルを獲得した 荒川静香さんの言葉 『美しいスケートを記憶に残したい』 まさに心のストライクゾーンにバスっと入ってくる言葉だった。 私もただ心の中に美しい映像を取り置きたいだけだ。 軌跡の道のりに絡まっている様々なエピソードによって 結末とはより輝くものかもしれないけれど 実況をするアナウンサーとか解説者とかコメンテーターとかが 興奮冷めやらぬうちに あーだの。こーだの。と言うのを聞くのが好きじゃない。 氷上で陰陽師安倍晴明の衣装をまとう羽生選手が 決めポーズを取り音を待つ姿から最後の最後まで もう彼だけの世界観を創り出していて 見る者を全てを飲み込んでしまうかのようなのに。 けど、ソレだけじゃ~ダメなオリンピック 国の代表として競い合いの結果を出さなくちゃいけない。 その結果に対しては 「おめでとうございます」 「すごい快挙ですねっ」 だけど・・・ 心に記録されるあの映像に 感動が生む知らず知らずの涙に どんな言葉が浮かんだりするものだろうか。 でも、なんやかんやと言わんとアカンのよねぇ~ まさに報道者泣かせ どんな言葉も取って付けたように陳腐に聞こえるし より輝かせるような相応しい言葉など無いと感じる。 …

続きを読む