映画『極妻』に出ていたかもしれない?

痴漢に遭ってもセクハラ無し。なんで?・・・結論 若い頃はどちらかというと見た目が派手系で 数々のナンパをかわして来たし 道頓堀の橋の上で中年男性に東映のマーク輝く名刺を差し出され 「岩下志麻の妹分として映画に出演しないか?」と言われたことも。 騙しのテクニックとしては オッサン、なかなかディティールが細かいやんかっ! と、心の中で感心しながら心斎橋のソニープラザ辺りまで ず~と無視し続けてようやく解放されたんだけど。 時が経ってから知った事実。 家田荘子原作の『極道の妻たち』を岩下志麻主演、京都撮影所?! ・・・って、 あの中年男性はモノホンだった! 姉御の取り巻き連中エキストラを探していたってことだ。 貴重な経験をできたかもしれない。 少なくとも撮影所にタダ(無料)で入れるとか。 つまり、私の外見とか、もっている雰囲気とは 下っ端ヤクザの情婦みたいってことですかねぇ~。 そんな風に見える私が何故、セクハラに合わずに 社会人をやってこれたのか・・・ 今の♯(ハッシュタグ)Me Too(私も)に触れる時 見えてきたとゆーか、、見当はずれかもしれないけど。 要するに私は人から欲しがらないってことじゃないかと。 出世したいとか。。 上に気に入られて盛り立てて欲しいとか。。 注目を集め、それを足がかりに もっともっと周囲に存在を知らしめたいとか。。 ライバルを蹴落として順位を上げたいとか。。 そんな欲を持ち合わせておらず・・・…

続きを読む