野菜の値段と親父のシャツと青汁

昨年の7月の岡山旅行のメンバーで 親父の快気祝い(まだ完治してないってぇ~)みたいな事を。 ランチタイムやったけどねっ。 救急車で搬送されたあの時、 http://corallehua.seesaa.net/article/456770966.html?1519458571 膝には注射器2本分の血が溜まっていたにもかかわらず キリスト教病院の緊急担当医に「大丈夫です!」と強気ばかりで (身体に起こった異常は全部、正直に言わんとアカンやろ?) 翌日、こっぴどく叱られた馴染みの整形外科の院長先生から 82歳の高齢のくせに怪我の回復が早いとかなんとか・・・ 褒められたようで 確かに・・・血だらけでぶんむくれだった顔は 数ヶ所にすり傷の跡が残る程度に見える。 気を遣うことのない和やか雰囲気メンバーと 食事を伴にして話に花が咲く楽しい時間。 はしゃいでいる父が着ていたシャツを 「とても似合っていてセンス抜群!」などど くすぐるようなセリフにも・・・ご満悦。 「どうせ、娘(私のこと)に買ってもらったんやろー」 これもまた、親バカ親父にとっては誉め言葉で。 近頃のレタス半個分の値段以上、サンチュの値段以下だったけどぉ~。 んで、トイレクリーナーを買うためにスーパーへと行ってみれば 小さななすび3本入り袋の値段のほうが高かったし 白菜を買うのだって相当な勇気を必要とする(値が張るのに中スカスカ) レジカゴを持ちながらも なかなか手が出せない野菜の数々。…

続きを読む