なんで?!

「オマエ、大丈夫やったか?」 顔を見るなり親父の口頭一番。 昨日は恒例のコノミヤでの買い物の日でありました。 「えっ?何が・・・?」 自分がお腹を壊してしまったのは 日曜のスーちゃん祭り、スガキヤラーメンセットのせいだ と思っていたようだ。 私は全くもって大丈夫。 だいたい親父って、食いすぎやねんてぇ~。 いつものように 私用のレジカゴ、両親用のレジカゴを カートの上段、下段に並べようとしたら・・・ 「今日は殆ど買わないからひとつでエエわっ」と。 ふむふむ。お腹を壊してるんだから良い心がけであるし 私も両親のために サーモンのホイル焼きとポークグリルを用意して来たし・・・。 でも、ちょいと心配なコトも・・・ 口と腹の欲求を満たすモノは父も母も私もてんでバラバラ それぞれが店内を一通り巡るのに 三人でひとつの買い物カゴ? 母は自分が食べたいモノを手に取った後は ボケていることを感じさせないほどのスピードで 私を見つけ出してしまうけれど 視覚に障害のある父は 似ても似つかないまったくの別人が引くカートに 買いたい品物を入れる前科持ち 間違われてしまった女性は 言葉を失ったままキョトぉ~ン(゜.゜) 素直に「間違えた!すんません」と言うんだけどねっ。 髪の色だって違う。 着ている服だって全然、違う。 年齢だって全然、違う。 背恰好がなんとなく似ているかもしれないってだけ。 間違われた女性は これって、荒手のナンパかっ…

続きを読む