小さな思い残しがずーと心にあったまま。海綿

産まれて初めてアメリカ大陸を踏んだ第一歩は エアー乗継ぎのために降り立った雪が積もる冬のデトロイト。 当時のノースウエスト航空のハブ空港だったからねっ。 乗り継いで夜のマイアミで飛行機を降りたのがアメリカメイン2つ目。 その旅の目的地はがフロリダ半島の南端からキーウェストまでの 島々を橋で結ぶ7マイルブリッジ(国道US-1号線)を走ること。 とは言っても、、運転免許を持たない身。 アメリカ大陸からメキシコ、カナダまでを縦横無尽に走る グレイハウンドバスを利用して。 起業時代の激務の最中だったから予備知識ゼロ ガイドブックも無し(読むヒマなど無いから買わなかった) 宿泊ホテルのみの予約で乗るべきバスの時刻表さえも 調べてなかった大バカ者。 日本の旅館で仲居さんがイロイロと助けてくれるのとワケが違う。 Hawaiiとシンガポールしか行ったことが無かった私の英語は当然ダメ。 でもまだ若かったから度胸だけは満点だった。 時に・・・『知らない』ことほど 可能性は無限大。 憧れのセブンマイルブリッジをグレイハウンドバスで渡って 宿に着いたのは大晦日。 ジャグジーにつかりながらジュース片手にカウントダウン。 移動の旅だとゆーのにデカくて堅いスーツケースで来てしまって 後悔至極・・・でもこの後悔と経験は学習になり 後には機内持ち込み用のソフトケースとリュックサックだけで 3週間以上のアメリカ移動も半月に渡るヨーロッパ縦断も お土産だって諦めずにやっ…

続きを読む