『気が向いたら』は気が向いたらだろー

読んで字のごとし 気が向いたら・・・である。 気が向かなければ・・・しないのである。 確かに、、 この社会、相手の気持ちを汲むってのは大事なこと。 駄菓子菓子、、 都度、相手の本心を深く読んで ソレに倣った行動を取ることは 突き詰めて言えば 親しくもないってコトなんじゃ~ないだろうか。 古くからの親しい間柄なら 言葉の裏を読むコトも出来たり 文字の行間に漂う気持ちを読み取るのは 案外、簡単なことで ソウは言ってたけど、、コウすれば喜ぶのではないかなどど 瞬間的に答えが解る。 逆に・・・ ソウしたいのはやまやまだけれども コッチの事情が許さない時 『かくかくしかじか』と長~い言い訳などせずとも 許してくれると思うものだし 実際に「気にすんなっ」と言ってくれるハズだ。 ちょっと、寂しかったとゆー感情を漂わせながらも・・・。 しかし、親しすぎて・・・ 例えば親。 こちとら顎骨骨髄炎で、おまけに鼻炎💧💧で 高級なティッシュを二箱も使い切って ゼェ~ゼェ~ハァ~ハァ~なのに 「電話が来るか来るかとず~と待っとった」などと 言われてもねぇ~。 「気が向いたら夕方にでも電話せーやっ」と 言ったんとちゃうのっ? それを、、、 夕方にもなってないのに なんで待つの?(´▽`*) 気が向かない理由を正直に言えば また、なんやーかんやーと当たり前すぎる事を 言われるから、、黙ってやり過ごそうとしただけやのに。 間が悪いとゆーかな…

続きを読む