100円の“うどんのつゆ”が示す現実

恒例の月曜日のコノミヤデー。 めちゃくちゃ美味しいオレンジジュース2本(2ℓ)も買って レジ袋大2袋分の重たい買い物も たかだか3000円程度のモノだ。 に、比べて、、 両親のお買い物はいつも軽い。 なのに、、私と同じくらいかそれ以上のお買い上げ金額。 『相変わらず贅沢やねぇ~』とつい皮肉を。 レジカゴの中には茹でる必要のない“うどん”と ビニール袋に一人前が収まったストレートつゆ。 はなまるうどんに行けば、かけの小が130円。 親父が買ったストレートつゆは100円を超えてる。 つい『モッタイナイ』と私。 私なら“うどん”の方にお金を掛けるけどねぇ~と。 返ってきた返事が「めんどくさいから」。 十二分に理解していたつもりの、、老いと障害。 材料別に細かく切り分けねばならないのは大変だろうと ロハコで銀座ろくさん亭 鮮やか五目釜めしのもとを買ってあげたっけ。 (この私だって五目御飯はめんどくせーもん) うどんも然り・・・かっ 大鍋の熱湯の中で麺を茹で、湯を切るのも危ないわ。 そういえば・・・いつも月曜日のレジカゴに入っているものの多くは お刺身の盛り合わせとか鰻の蒲焼が多いのは 贅沢しているとゆーよりも、手軽で美味いを選んだ結果かっ。 私に食べさようと 天神橋商店街の八百屋を順に巡って 旬の筍を買い、湯がいて、あく抜きをしてくれたりするから 解っているようで解っていなかった。 そして10個入り玉子パックの賞味期限の日付数字を…

続きを読む