やっと叶った再会は『はじめまして』だったみたいな・・・

私の周りにいる人達は音楽好きと言われる人が多かった。 100%血が繋がっていて 私が独立するまで一緒に育った弟なんかは キ〇〇゛イと呼ばれるような域だったかも。 (コレ、今、放送禁止用語?フェチと言えばイイのかっ?) ものごごろついた頃の私って センチメンタルジャニーの曲を鼻歌に かわいい魔女ジニーの世界に首ったけで 産まれて来る場所を間違えたかのような子供。 音楽の流れる家なんかじゃなかったし 成長しても決まったお小遣い以外は貰えなかったし。 初めて自腹で買ったレコードはエルビス・プレスリー。 親父の一番下の弟(私の伯父さん)が若い頃 住み込みで働いていて、時折、実家に戻って来ると 幼い私にお土産に買って来てくれるセルロイドのレコードは 『みかんの花咲く丘』とかで・・・ チエッ、、童謡かよっ( ̄▽ ̄)(って、すんませ~ん) 中学生になってからは 同級生男子が外タレのLP盤をいつも貸してくれたっけ。 いつの頃からか・・・ 私にとって音楽とは出会うモノに。 時間や場所、その時に嗅いだ匂いとか自身の心模様・・・ それらの事と密接に関係して心に入りこんだら 『またどこか、この曲に相応しい場所で再び出会えます様に』と。 特別な想いのある 伊勢正三以外のアーティストを追いかけるなんてコトもなく 音楽とはお金を払って買うモノではなかったのは確かだなっ。 だから・・・ 出会ってから数年、ときに十数年も経ってから やっとアーティスト…

続きを読む