部分入れ歯はまだ遠く...歯の掘り起こしかよっ。

昨日は部分入れ歯の型取りのハズで お気楽な気持ちで阪大歯科へ行ったのに 担当医から告げられたのは 今回の受診に関係の無い歯の掘り起こしですと? 2年前、恐怖と痛みに堪えて 歯の真ん中の大きな穴に2本の柱を立てたたのに 元凶である顎骨骨髄炎の一本前にある歯。 例えるなら・・・ 地鎮祭も済んで棟上げをした後で 地下の下水処理の構築に問題が生じ もう一度、土を掘り起こさねばならないってこと。 ヤレヤレ・・・ 前回は麻酔が効かずに追加が2本、合計3本も打たれて 手のひらに水ぶくれが出来てしまうほどに耐えたのに 今回、更に大掛かりな工事をするハメに。 覚悟を決めなきゃねっ しかし・・・ 人間には相性とゆーものがあるんだと思う。 この入れ歯系のイケメン担当医は いつだってこの私の歯のせいで施すべき治療予定を覆されるのに 一発で麻酔を決めるばかりか 麻酔のハリをいつ、差したのかも気付かせないのだ。 「チクッとしますよぉ~」と言われても へっ?いつ?どこに?って感じなのねぇ~。 部分入れ歯が完成するまでの仮りの歯なんて 「ずっとこのままでイイのに」と思えるほどに しっくりと私に馴染んでいる。 そして麻酔が切れても痛みは襲ってこない。 夕方に帰宅してから4時間も熟睡した。 たくさんの症例経験などを超えて なんとなく伝わる、なぜか、解ってしまう・・・ そんな相性が絶対にある。 きっと・・・ 部分入れ歯が見事に完成…

続きを読む