母の日が来てしまう

『お母さん、ありがとう』日頃の感謝を込めて・・・ とか、なんとかが溢れている巷。 ネットで検索すれば 母の日のキャッチコピー事例・実績なんてものまで。 この日を無事にってゆーか 円満に終わらせるために皆が努力すんのねっ。 親子の在り方、母娘の在り方も様々だけど。 高齢で食べるだけが楽しみの母だし プレゼントに悩む必要なんて無いっちゃ~ないのだけど。 すざまじいまでの砂糖の消費量を考えると 自ずとプレゼント品の答えは出るとゆーもの。 でも、それでは益々、糖分摂取に拍車がかかってしまう。 好物のマカロニサラダをケーキ仕立てで創ってみても 「今度からコレに入れて」と 味気ないタッパーウェアを手渡されるわ 「とうと(旦那のこと)がたくさん食べてしまう」と文句をゆーわ で、なんだかもう、気乗りがしない私も大人気ない(*'ω'*)。 月曜のコノミヤデーの時に親父から聞かされたボケエピソード。 食べかけのご飯を炊飯器に戻したそうな・・・ これまでならラップを掛けて冷蔵庫なのにねっ。 今じゃ~新しいラップを買っても直ぐに箱から芯ごと取り出して どこが切れ目なのか識別不能の状態にまでコンガラガラせて 使い物にならなくしてしまう。 そして、私に「直せ」とゆーが、、無理ぃ~ 昔の母がお釜を洗う時 釜にへばりついた白米を水で落として沢庵と一緒に食べてたっけ。 弟は母のこの動作がすごく好きだと言ってたっけなぁ~。 今じゃ~盃ほどの量の白米しか食べず …

続きを読む