逮捕状請求に安堵、そのコメントにジーン。

毎月曜日は両親との待ち合わせの為 夕方、最終(6時15分)のバスに乗る。 スマホのYahoo!ニュースで逮捕状請求を知り、ホッと安堵。 この後、犯人像とかその動機とか マスコミがこぞって報道することになるだろうけど それを知ったところで、、 この私が地域社会の役に立てるとは思わないし 怒りが増してゆくだけだろう。 ニュースに寄せられたコメントを覗いてみると 月並みで短い言葉がずらりと並んでる。 時間経過とともに気の利いたコメントも増えるだろうけど・・・ そうなんだよねっ。 嘘や偽りのない、咄嗟に発する言葉とは、みな、月並み。 「良かった」と言う言葉に 「警察、よくやった」と掛ける声 人が皆、心をひとつに願っていたんだと信じさせてくれる言葉だ。 ジーンときた。 この一週間 地域の人達は「役に立つ情報か否か?」なんて不確かであっても 一途に犯人逮捕を願って提言しただろうし 捜査に当たった警察関係すべてが地べたを這うようにソレを精査しただろうし 日本中が注目しているからと・・・そんなモノを超えて 正義を信じ、ひとりひとりが必死だったんだと思える。 そして罪と罰。 私達が生きる現実のこの社会において その罪に最も相応しい罰を与えることなんて 出来るものだろうか・・・。 形だけをそっくりと真似てみても ソレは食えない食品サンプルと同じではないか・・・。 罪の重さを正しく認識していれば自ら出頭するだろし 自宅に戻るふてぶてしさも持…

続きを読む