おひとり様の電球交換は、こ、こ、こえぇ~よっ

私は蛍光灯の白い光に疲れてしまうタイプで 針仕事(めったにしないけどぉ~)とか 夜に客人を招いた時ぐらいしか 蛍光灯を点けたりしない。 基本、電球色の間接照明が好きだっ。 キッチンにはもともと手元灯とゆーのが有るから 2012年にダイニング用に つい、衝動買いしてしまったシーリングライト もともと付いていたLEDではない4個のハロゲンは さほど時間も経たずして ひとつ、またひとつと寿命を迎え 歯抜け状態に・・・ 職を失って貧乏になるのと並行するかのごとく・・・ ひとめ惚れに近かったし その時、私は考えていなかった。 球が切れたら 『誰が電球交換すんの?』ってことを・・・。 「新しいのに交換しなきゃねっ」と 切れてしまった球を外すのは大変で コーナンで買った安物脚立のテッペンに登ったのはいいが 照明とゆーのは空間の真ん中の天井に付いている 当然、つかまる所などありはしない😖 こ、こ、こわっ 脚立の上でバランスを崩せば 空(くう)を掴んだまま、見事に落下だわなっ。 おまけに・・・ 外した球の刻印と言うのか、 黒くて小さな印字をもとに Amazonで検索してみれば 2000円オーバー?って一個だけでぇ~ う、うそおぉ~ん んで、、ついこの間まで手元灯ひとつで 夜のキッチン仕事をやり抜いていたのだが、、 日進月歩で進んでゆく技術は 価値観をも変えてゆくのに アラ還おんなの頭の中の メニュー価格は…

続きを読む