ひとかけらの純情...その②

・・・昨日のつづき・・・ 私よりいくつか年下の男性にも ひとかけらの純情があったようでありまして いくつもの出会いと別れを 繰り返す中で 長い時間を過ごした 幼馴染みのような存在の女性が ず~と、心に在り続けたそうです。 それに気が付いた時に 「何故、コク(告)らなかったのか?」 と突っ込んでみますと 「・・・最後まで・・・言えなかった」と。 ふ~ん。そんなもんなんすかねぇ~。 だって、、 彼女ができて、また別れて そしてまた新しい彼女ができて また別れを繰り返す・・・。 そんな日常のなにもかもを相談し合えるような 飾らない自分を出せる相手との関係を 壊してしまうのでは?と思うもんなんですってっ。 なにも実らずに いつも終わるのね 若い涙 ひとつ ふたつ 今はいいけど・・・ 思春期前後のこういう関係ってモノは フェイドアウトしてゆくもので 決着をつけないとゆーか 対峙しないから摩擦を起こすこともなく 情熱が伴わないために修羅場も起きないまま The ENDってことなんでしょうか・・・。 その男性の忘れられない想い出 ある時、二人で炬燵に入りながら 彼女は眠ってしまった・・・と。 自分はドキドキしたまま 彼女を起こさないようにまんじりともできなかったと。 彼女の無防備な眠りを守る (安心して眠ってしまえる) そんな存在であることが 今の自分には大切な役目なのだ そんな風に思ったのであれば…

続きを読む