刻が未来にすすむと誰がきめたんだ

このフレーズは アニメ『∀ガンダム』のオープニングテーマ 西城秀樹さんが1999年に シングル化した 『ターンAターン』の歌詞です。 今、このフレーズどおりの事が起こってる。 お通夜、告別式が営まれる中 私の頭の中で鳴り止まない歌声 ブルースカイブルー そのダウンロード数は8位にランクインされたそうです。 (5月28日付オリコン週間デジタルシングル) あの当時・・・ この楽曲と西城秀樹さんが出会えたことを感謝 左手にマイクを握り 右手をそっと胸の場所にもってきて 「この僕とともに歩いてと・・・」の歌詞の 『歩いて』は まさに、たった4文字であっても 切なすぎるセリフを語るようで まぎれもなき心そのままだと 胸に突き刺ささってくる西城さんの世界でした。 亡くなってから 日に日に喪失感をつのらせるのは リアルタイムの活躍を見てきた私達が 改めて惚れ直しただけかもしれないし きっと・・・ 当時の西城さんを知らない若い世代の人達が スゲェ~聞かせる歌じゃ~ねぇ~かっ と思ったのかもしれない。 きっと、、そうだと思う。 だから・・・ 刻が未来にすすむと誰がきめたんだ だよねっ?でしょっ? 毎日、通うスーパーで 何気に食材を選んでいる時にも 突然、嗚咽に襲われるれふあなのであります。 励みになります。 ポチっと応援をいただけたら嬉しいです。 にほんブログ村

続きを読む