口喧嘩が成り立たない二人がとうとう

約1年半前、2016年11月に このブログで私が書いた、、見たかったもの・・・ “口喧嘩にならない人”同志の対決が実現。 私(わたくし)的に言うと 世界選抜、口喧嘩が成立しそうにない代表達。 口喧嘩ってのは、 「お前の母さんデベソ」でも 幼稚園レベルでなら ちゃんと成立する。 悔しくて泣いた方が負け!みたいな。。。 しかし、、国を代表する肩書を持つことで 攻撃・批難の言葉ひとつで自らの品格を落としめ 自滅してしまう危険性があるもので 説法とゆーか、議論で相手を打ち負かし 世界に通用する品位・品格を保ったまま 優位に立たねば意味がない。 ところが、、このお二人様 人として尊敬されているかと問うならば・・・ 厚顔無恥な北の金さんと 傲岸不遜な不動産の王さんですよっ。 まるで世界の詰将棋(王将と金将) これまで彼らが放った言葉の数々を ニュースなどを通じてアナログで聞いてきた私達も 信用ならぬ金さんの手元から 核や飛び道具の発射ボタンを 引き放せるならば ここはひとつ、聞かなかったことにして ギュッと目をつぶろうと 思えてしまう。 金さんの言う 足を引っ張る過去と誤った偏見と慣行を乗り越えて う~ん、なかなか、うまいコトを言うよねぇ~。 水に流せない者は愚か者ってことで 王さんも 「そのとおりだ」と言うしかない。 シンガポールの人達が 外出のためにホテルから出て来た金さんに向かって 『Mr.…

続きを読む