老眼で眉の毛抜きって・・・('◇')ゞ

『室内空間快適レンズ』と称される 中近レンズの眼鏡になってから (もともと、ド近眼+老眼加速) 日々の生活が格段に快適になったものの・・・ どうしても、、どうしても、、 眼鏡を外さないと ど~にもならねぇ~眉付近のムダ毛処理 カメラ撮影でゆーところの接写 目と眉の近すぎる距離、そして鏡の位置 鏡の大きさによっては 余計なモノを写しすぎて焦点が合いにくかったり サクサクと作業が進まない中で 手だって疲れてきてしまう。 私の顔面にある毛とゆ―毛は どこもみな儚げな赤ちゃんの産毛のよう 昔、初めてのスキー体験で蔵王に行った時に -15℃の銀世界でツレの二人が 「鼻毛が凍りついてゆく~」とゆーセリフに それってどんな感覚なのだろうかと マジで羨ましかった。 まぁ~お蔭で、鼻毛抜きなどはしなくて済むけど。 ニット帽を目深に被ることで 白髪染めも、眉を整えることも 誤魔化しながら逃げることが出来ていた そんな季節も終わって 最低限の身だしなみ。 苦手な蛍光灯の光を効果的に受ける場所へと ジリジリと移動しながら 右手にツウィザーズ(毛抜き) 左手に鏡を持ち 細くてフニャフニャな眉付近のムダ毛を 捕らえるの事の難しさ・・・ 固くて黒い剛毛ならまだしも・・・ 確かにソコに存在しているのに 捕らえきれないもどかしさぁ~ 仕事で必要なゼムクリップ等を アスクル(ロハコ)で物色している時に 偶然、アウトレット価格で発…

続きを読む