矢島晶子さんの潔さ...見習わないでねっコナン君

25年ものあいだ あのクレヨンしんちゃんの声を・・・ 地声ならともかく 『声を作る作業に意識が集中して  役としての自然な表現がしづらくなった。』と 降板を決意された矢島晶子さん。 仕事のクオリティーに妥協を許さない プロのプロたる決心ではございませんかっ 好きとか嫌いを超えて 私達、視聴者は その信念に拍手と喝采を送るべきでしょう。 声優さんは現実に歳を取っていくのに キャラクターはいつまで経っても 永遠の「嵐を呼ぶ5才児」 また・・・ 私が尊敬する役者、熊倉 一雄(故)さん この方は命が尽きるまで アガサ・クリスティーが産み出した 名探偵エルキュール・ポアロの イギリス製作TVドラマ(1989年~2013年)完結まで 主役ポアロの声を担当をし続けて・・・ ポアロを締めくくる『カーテン』の時の声・・・ この役と共に生きて、共にこの世を去るかのようでした。 熊倉さんが恵まれていたのは 時代背景は違っていても 物語の主人公と共に歳を重ねてゆけたこと。 ここで私が心配になってしまうのは 大好きな名探偵コナン君の声を担当する いや、もう、コナン君そのもの、である 高山みなみさんが矢島晶子さんのように コナン君から去る日がくるのか・・・ ダメ、ダメ、ダメ 工藤新一がコナン君に徹するときの声で 『え~ん、ヤダよっ。ヤダ、ヤダ、ヤダ』と 足をバタバタさせて 抵抗の限りを尽くし 超わからずやの年寄り ・・・になると…

続きを読む