時給とか給料とかの、隔たり

最低賃金の目安となる時給引き上げによって 全国平均時給が874円 (一番高い東京>神奈川>~~一番低い沖縄の順) 去年秋、約半年ぶりに逢った ある女性経営者から 「ネェ~さん、聞いてっ!」と いたくごもっともな悩みを聞いた。 また少し前 別の知人からも同じような相談を受けた。 辞めてほしいのに 辞めないであろう従業員について・・・ 前者も、後者も、どちらも女性で 「安い賃金で手伝ってやってる」みたいな態度で 「ココは私で持っているのよっ」と。 いったい、なんの根拠でもってそう思ってしまうのか・・・ ミーティングなどの内輪内で 雇い主の考えにいろいろと口を出して 説教めいたことをタレてみたり しからば・・・ 今よりもレベルアップを期待して 「こんな風にしてほしい」と提案しようものなら 「無理、無理、無理!」と 自分のスキルは未だ十分で無いと訴える。 そこまでの時給や給料は貰っていないとゆーわけだねっ。 そのくせ・・・ 一番になりたがる。 経営者からの内輪内での評価とか。 お客様からの外向きの人気度とか。 👆これらの事は結果を出せば済むことで 結果を出すためには努力しかないかと。 「欲しがりません。勝つまでは・・・」 じゃ~ないんだねっ。 あくびをする姿も目に入ってくる くしゃみをする音も聞こえてくる そんな家族経営ほどの小さな会社内で 全然、足りないと思う雇われる側と そんな働きでは 支払うお金…

続きを読む

見知らぬ子を必死で抱きかかえる夢を見て

ものごころがついた頃から 夢を見ない日などないほどに いつも完全カラーの夢をみる私。 夢が白黒だなんて嘘だっ! 眠っている時に見る夢ってのは どんなにあり得ないことでも 普通にまんま受け入れている自分がいて 目覚めた直後の手のひら返し 「なんじゃ?そりゃぁ~」と 驚愕すること、しばしば。 けど、すぐに忘れてしまう しかし、繰り返し同じような夢をみると さすがに、忘れることもないまま 「またかっ!」と覚えてしまうもので・・・ トンズラ会社の激務生活の時には 会社極近のバス停のベンチの下で 丸裸で寝ている夢をよく見て 「この後、どうやって出勤すればいいのか?」と アセりまくり・・・とか また、大学に合格したのに ぜんぜん授業・講義を受けていないことに ハッと気づいて 「どうやって単位を取り戻せばいいのか?」と 必死で方法を探したり・・・ そして今朝の夢は 見たこともない幼な子を 覆いかぶさるように抱きかかえて 何かから守ろうとしている自分の姿 これは初めて見る類の夢だ。 映像はスーと薄れてゆくのに 幼な子を抱きかかえていた時の自分の感情が 残り続けている・・・ ので、、珍しいことに・・・ 夢判断みたいなサイトをググってみれば (占いサイトへと誘導する系ばかりやけど、、(^-^;) 子供が登場する夢とは 若さや情熱の証しとか。。。 なるほど、、、 失われてゆく若さを逃がすまいと足掻いてる (👆今に始…

続きを読む

お弁当こそ熱中症...んで、弁当箱を一新

たった一人では 食費を節約することに限界ってものがある。 これが、お金を出し合うことで二人分の弁当になると 効率の良い節約を可能にして 弁当の中身もバリエーションも豊かに。 なにより おひとりさまってのは 「めんどくせぇ~から」とか 「ラクをしたいから」などで 出来合いの総菜を買ったり コンビニに寄って弁当を買ってしまったり 近所での外食などに逃げてしまいがちで 節約なんて、とても無理! ましてや、 好きなモノものばかりを食べてしまって 嫌いなモノには一切、手を出さないとか 栄養面でも偏りがちに・・・。 私、一人で二人分を作るってことは 割り勘の金銭面だけで考えれば なんだか割に合わない気も。 (ちょっとだけモヤモヤ?) けれど、その責任を自ら負うことで 飢え死にの危機を乗り越えて 逃げずに約2年半もの間、続けてこれたのだと思う。 駄菓子菓子 今、もはや、弁当では無くなってる・・・。 梅雨を迎える頃から夏の間は ひとつの弁当箱に何もかもを詰めてしまっては 人体の熱中症以上にヤバくなる弁当箱。 おまけに、いつの頃からか・・・ 弁当仲間がビールとか発泡酒のために ワザと夜の食事へと持ち越してしまうように・・・ ならば 冷菜は冷たいままに ホットミールは温めて ちょうど・・・機内食のような感じに。 そこで・・・ これまで使用したタッパーウェア等をキッパリと捨て 新しいのを買わせていただきました! ス…

続きを読む