老後のお金・・・そこにある無情

また、、父②から2本の包丁が届いた なんでっ(。´・ω・)? 以前、愛用の包丁を研いで貰うために 新潟にあるメーカーに送ろうとする中 その間に必要な、間に合わせで使う包丁を 買う or 買わないの思案中 グットタイミングとゆ~のか、、 以心伝心とゆ~のか、、 父②から押入れの中で見つかったとゆー 新品の包丁セットが 「不要なら捨ててくれ」の言葉と共に届き 「今、一番、欲しかったモノ」だと感謝の意を述べたのに 滅多な事をゆーもんじゃないっ。 後日談・・・実父に 「愛用品と比べると切れないわぁ~」と言ってしまい それが、父②に伝わってしまった(◎_◎;) よけぇ~なことを言うんじゃないっ! 「前回のは捨てて、コレを使え」と・・・。 私にはこの事が無駄遣いに思える。 すごく大切なお金なのに・・・と。 なんでこんな事するの?と。 人は皆、安心して豊かな老後を送るために 可能な限り努力をする。 この私だって 仕事を離れる年齢になった時でも 毎年、Hawaiiへ行けるようにと わずかながらでも計画的にコツコツとやって来た。 まぁ~、一瞬のうちに失くしてしまったけどさっ・・・。 今の父②は生きているうちに お金を使ってしまおうと考えてるようだ。 子供とか孫とかが居れば お金の遣い道の、その先で、、 「ありがとう」と感謝の言葉を受け取って はじけるほどの笑顔を心に刻める老後だっただろう。 確かに・・・父②は・・・ 人付き合い…

続きを読む