妄想・・・熱中症は完全犯罪かもしれない

「明日は我が身・・・」と熱中症の喚起だらけなのに また昨日、車中に置き去りにされた 生後8ヶ月の男児が旅立ってしまった(Yahoo!ニュース) 国が2年後のオリンピックに向けて サマータイム導入の検討までしているってのに 何故、子供を車中に残したままにするのか? 私の頭の中の推理が妄想する。 これはネグレクト親が 完全犯罪を狙ったものではないのか? ・・・とまで考え始めた。 たぶん最初は・・・ あり得ない不幸な事故のニュース。 それを知って、闇を抱えた親は 「模倣すれば・・・」と思いついたのではないかと。 子供を車中に置き去りにさえすれば 事故を装えるわけで そして、どちらもが被害者の立場。 その責任を非難する言葉は避けられなくとも 『我が子を失った』と言う同情が必ずある。 殺意があったか否か・・・ 故意かどうかの立証なんて、難しい。 サマータイム導入と同時に 欧米のような法律を・・・ 「捕まるとか、捕まらない」の話しではなくて・・・ もしも第三者が発見した場合には まず通報から、警察到着までの間 車のガラス窓を割って、助け出すことは 一刻を争う人命救助であって 器物破損に値しないってゆーよーな、、やつだけでも。 こんな時こそスマホや撮影機能付きの携帯が役立つ。 こんな事が繰り返されるのなら いっそ逮捕して、起訴して 裁判員裁判で判例を出してしまうしかないのかなっ? にほんブログ村

続きを読む