痛いおんな。

戦争を知らない子供たちで 高度成長期に小学生だった私も 不安だらけの人生の終盤を迎えようとしてる。 盆と正月に電話をくれる同級生は 社会的にも、ずっと恵まれていて 自身で建てた持ち家から 立派に育った子供たちを巣立たせて 夫婦そろって今も現役で仕事を熟して 健康面に問題さえ起きなければ それなりに安泰老後生活を送れるだけのモノを持っている。 いつの間にやら、、長話し。 何処をどう切り取って見たって 人生の成功者は同級生のほうで 明らかに私は落伍者だっ。 なのに、、ふと気が付けば、、 おかしな討論会。 「これでいいのか?私の老後」と 気に病んでいるのは同級生のほうで 私はとゆうと・・・ 「もはや、なす術、、無し」の開き直り。 今日一日、生き延びりゃ・・・ それこそ奇跡ってもんさっ。 まるで江原啓之か美輪明宏みたいな・・・ はて? 民法放送観ない歴、数十年の私が オーラの泉だって一度、観たか観ないかの記憶の中に? どこでそんなセリフを覚えたのか。 その同級生のゆーことにゃ~ 「そんな風に思えたらいいのに・・・」だと 半ば本気で羨ましがれた。 こんなにも、痛い女なのに・・・ この、、おかしな討論会が 私をスピリチュアルな道へと 誘いこんでしまったよっ。 とても、とても、、深く 奥へ奥へと入り込んでしまう。 励みになります。 ポチっと応援いただければ幸いです。 にほんブログ村

続きを読む