24時間TVとかで思うこと。

気が付けば、もう、、8月31日で 24時間テレビは終わっていた。 民放番組を見ないせいで予告編などに触れる機会など無くても 普段、通うスパー等で寄付用貯金箱(組み立て式)が置いてあるし、 そこに働くスタッフだって宣伝Tシャツを着ているし 「今年もまたやって来たか」と、、思うだけで観たりしない。 チンペイこと谷村新司さんと加山雄三さんとで わずか短時間で『サライ』の曲を創り上げた年の・・・ フィナーレの映像だけは覚えている。 いつの頃からか、、 業界で批判されるようにもなって来て 全国民が諸手を挙げて賛同する時代でもない。 見過ごされがちな場所にスポットを当てることで いつもなら、立ち止まらず通過されてしまうような場所にも 必要とされるモノが届けばイイのであって 「さぁ、皆さん、ご注目!」と 大声を上げて引き込もうとするTV局そのものが、 「善意を謳うわりに美しくないその裏側」 「チャリティーであるならばギャラは要らんのとちゃうかっ」 ・・・みたいなこと。 果てしない宇宙の中のこの丸い地球は そのすべてが側面。 どの立ち位置でどのように見るか、どう感じたか・・・ それこそが果てしなくて 「ソレを言うなら、コレはどうなるんだ?」となるし どれほどの時間、議論を戦わせたところで結局は 「鶏が先か、卵が先か」みたな結論の無いことに。 皆それそれがその立ち位置で 己の立場を示す他、無いと思うのだけど・・・ ものすご~く、不勉強…

続きを読む