年寄りに臨機応変は通じない

今度は何? と、、ついつい、、思ってしまう(´ー`) 毎度の親父からの着電でありました。 「明日、切符を買いに行ってくるわっ」と。 ハイハイ、どうぞ行ってらっしゃいませ。 JRみどりの窓口で 「大阪駅から和倉温泉まで大人2名」と言えばいいだけ。 とは、、違うんだなぁ~、、これがっ。 夫婦揃って会費を払ってジパング倶楽部に加入してる。 昔のように年に数回、墓参りをしていた頃と違って 今は、まったくお得感など無いのに(´ー`) 「来年は更新しないほうがいいのと違う?」と 言うのも、、未来を暗示するようで憚られる。 父は脳血栓&脳梗塞の後遺症で 健常者の半分、180度に対し90度しか視野が無く 目の焦点が合ってくるまでにかなりの時間がかかる。 だから字も、まともに書けない。 んで、このジパング倶楽部の手帳の中の 割引が適用されるページを切り取って 必要記入事項ってやつを なんやかんやと書かんとアカンのに 混雑する大阪駅中央のみどりの窓口で 係の人の手を煩わせる気、満々 お客様は神様ですの時代に生きてきた年代者(´ー`) そして・・・ 今回は長男家族同行ってことで まるで夢の宝くじみたいな乗車券なのであります。 私も、また、、老婆心。 昔、利用した、レール&レンタカー。 「ちゃんとレンタカーの予約も、できるの?」と。 またしても・・・ 「大丈夫やっ!」としか、言わない父。 違うからっ、窓口係員にしゃべりまくるだけや…

続きを読む