『憐れ』とは?・・・英国バーバリーとか?

ブランドを守るために 約40億9000万円相当の売れ残りを廃棄した 英国バーバリーが広く世間さまから避難を受けて 「もう、燃やさない!」と発表したとか。 ふ~ん、、「憐れなもんよのぉ~」。 少し前、知人から 京都で有名なデニッシュとやらを頂いて (ちなみに、、父②からではない知人から) おぉ~、コレが、有名な、ヤツかぁ~、、と・・・ 早速、オサレな箱から取り出して いつもやるように、手でむんずとちぎって食べたら、、 『・・・・✖✖✖・・・・』が、 正直な私の感想でありました。 そして、そのまま、母親行き~。 幼き頃から一流品とは無縁の貧乏層でありますから これも致し方ない感想であるかと思うけど・・・ 後に、ある人から聞いた話しに妙に納得がいったのは 「美味しい」の口コミを信じさせるのは 超・超・超有名ブランドのカラー&デザインを模範した箱。 そして、、人々は吸い寄せられてしまうのだとか。 物心ついた時から 時々、大食漢の父親に連れられて 何を食べさせてもらっても 「お父ちゃん、なんでお店のくせにマズイのっ?」と 聞いたそうです。 子供だからこそ 代金を頂戴して提供するお店とゆーもんは 美味しくないとイケない!と 素直に思っていたんでしょうねっ。 父も父で、幼い私に説くのであります。 「商売とは・・・」 『細腕繁盛記』とか『どてらい男』の 著者である花登 筺(はなと こばこ)の世界を・・・。 大人になってから …

続きを読む