娘の好物も知らないくせに

帰省墓参りから戻った親父から その日のうちに早速、呼び出される(´ー`) 土産でもくれるのかな? 土産など一切、要らないと知っているはずだけど。 まぁ、嬉し楽しの土産話しがしたくてたまらんのだろうー ってことで、ドリンクバー目当てでガストへ。 土産は無かった。 行きつく島もないほどに 喋るわ、喋るわぁ~の親父。 「これが最後やっ」と、言いながらも 「次回があるかも?」と、生きる気力になったようであります。 心配だったボケ母も・・・ 道中、常に覚醒の上機嫌状態で 親父曰く「まるで奇跡のようだった」とか。 駄菓子菓子・・・ 弟家族と金沢駅で分かれた後 いつもの時が、、やって来たようであります。 京都駅での長い停車時間やら 大阪到着後、ホームに降りてからの混雑で・・・。 そこでは人とすれ違うのは至難の業 肩や腕に他人がちょっと触れただけで💢 893が因縁をつけるみたいになる母親。 肘を突き出して わざと突っかかってゆく所業('◇')ゞ それさえも、、笑い話のように話す 上機嫌の親父でありました。 それから・・・オマエに言わんとアカンことが、、 いったい何を?と思ったら 弟が乗車券を取りに来た時に 「姉ちゃんにも分けてなっ」と 大きな箱入りのチョコレート菓子をくれたとか、、 母親はさっそく 「〇〇(私の名前)はこんなん食べへんっ!」と 決めつけるのはいつものこと。 よーするに、、 自分の持ち分が減ってしまうのは嫌…

続きを読む